« 年中活動している?:センダン | トップページ | 食べてみたいな!:温州ミカン »

2017年11月23日 (木)

果実は液果で1cm球形の:イイギリ

4年前につくば市で見つけたイイギリ(飯桐)だが、未だ有るのかと行ってみた。

未だ元気に成長していて、元気に沢山の実を付けているのが見られた。

春~初夏に、黄緑色の花(萼)を付け、秋に赤い房状の実を多数つけます。

花名は、昔、ご飯を包むのに使われた事により付いたと言われてます。

イイギリは、花弁がなく、黄緑色の五枚の萼片が花弁の様に見えます。

Dsc_0090

( :イイギリ :イイギリ科 :イイギリ属 :落葉高木 )

葉が落ちた後に赤い葡萄の房の様な果実が残っている姿は、生花等の素材に使われる。

山地に、生える、太い枝が、一カ所から、放射状にはえるのが特徴的で稀となっている。

またでも、谷沿いの、南斜面に点々と散在している。

樹皮は、淡灰褐色で皮目が多い、 材は白くて柔らかく、キリに似る。

Dsc_0079_2

( 撮影日 :2015/12/21 :つくば市:古舘付近 )

枝は灰褐色、長く横に張り出し、葉は枝の先に集まって互生する。

花は5月に開き、雌雄異株、若い枝の先に、円錐花序を下垂させる。

雄花は多数の雄しべがある、雌花は、花柱が3~6本、退化した短い雄しべもある。

冬、葉が落ちても赤い実は残るために目立つ、赤い実は美味しくはないのだろう。

実が豊作だと、木全体が赤くなり目立つが、山中で毎年豊作を目にするわけではない。

1年枝は褐色を帯び太く、頂芽は大きい、鈎爪状の鱗芽が先端を覆う。

樹脂の分泌がある、 側芽は小さく、ほとんど目立たない。

木の姿がキリに似ている事と、大きな葉を食器代わりに飯を包むのに使われた事から、

イイギリ(飯桐)と名付けられた。

秋(11月ころ)になるとブドウの様な直径1センチほどの赤い実が枝から垂れ下がる。

実は落葉後も長期間、枝に残り、これを狙って小鳥が集まる。

« 年中活動している?:センダン | トップページ | 食べてみたいな!:温州ミカン »

コメント

赤い実がブドウの房のように下がっているので
目立ちますね。
よく見かけるのですが名前は知りませんでした。

Mさん;そんなに良く見かけるのですか?
4年前に初めて見つけました。
それもつくば市で初めて見つけたのです。
その後も常総市,つくばみらい市でも見つかりません。
つくば市でも他の場所では見つかりません。
何か特殊な条件が有るのでしょうか?
目立つのにねえ’

QGさん~こんばんは!
枝から垂れ下がる多数の赤い実は見事ですね。(*^^)v
昨年、鎌倉駅前の大巧寺で初めて見つけて名前を調べました。
生花にも使われるのですか。見ごたえのある生け花になるでしょうね。

すみれさん;イイギリを見つけましたか?
枝からたれ下がる多数の赤い実は綺麗ですね。
最近は生花の材料として使われる様です。
鎌倉駅前の大巧寺に有るのですか、行って確かめて見たいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果実は液果で1cm球形の:イイギリ:

« 年中活動している?:センダン | トップページ | 食べてみたいな!:温州ミカン »