« 香辛料とする:サフラン | トップページ | クローバーの様な:オキザリス »

2016年10月 7日 (金)

「秋明菊」:シュウメイギク

本州、四国、九州の山野や里山に自生する毎年花を咲かせる宿根草だ。

日本原産ではなく、古い時代に中国からやってきて、野生化したもの言われる。

漢字で書くと「秋明菊」、9月~10月の秋まっさかりな時期に開花する名前通りの花だ。

アネモネの仲間で英語ではジャパニーズ・アネモネと呼ばれる。

Dsc_0028

( シュウメイギク :キンポウゲ科 :イチリンソウ属 :宿根草 

草丈は50cm~1m、地下茎をよく伸ばして広がっていきます。

茎は途中で枝化されしてその先端に花を咲かせます。

花びらにみえるものは色づいた萼で、やや細長く20~30枚付きます。

Dsc_0030

( 撮影日 :2016/10/4 :常総市豊岡町 )

冬には茎葉が枯れて、春に再び芽を吹くまで休眠し、花色は紅紫色や白の様だ。

白花種は花びらにふっくらとした丸みがあり、萼片の枚数は少ないです。

花色は白、濃~淡ピンク、紅などがあり、代表的な品種に

レディ・ギルモー、モン・ローズ、プロフュージョン等が有る。

« 香辛料とする:サフラン | トップページ | クローバーの様な:オキザリス »

コメント

我が家でも咲いていますよ。
家の建て替えの際に根を残しておきました。
ブログでも紹介しましたが花の後にできる綿毛も
きれいですね。

秋明菊が家にも有る様ですね。
前回ブログで紹介のあった秋明菊の綿毛も
是非観てみたい物
今年は見られるのかなあ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「秋明菊」:シュウメイギク:

« 香辛料とする:サフラン | トップページ | クローバーの様な:オキザリス »