« どんどん増える:モントブレチア | トップページ | 湿地に良く生える:ミソハギ »

2016年7月12日 (火)

初めて屋外で越冬出来た:ランタナ

ランタナを知ったのは、20年程前だが、毎年越冬で殻してしまう。

江戸時代に渡来していたと言う歴史のある花木だが、今年初めて越冬に成功した。

葉からの香りもハーブの様に心地良く、幾つかの品種が有る様で、和名を七変化と言い

開花後、次第に燈黄色から紅紫色に花色が変わって行く楽しい花だ。

Dsc_4188

( ランタナ  :クマツヅラ科 :ランタナ属 :常緑性 )

簡単に実も付け、実は緑色から青紫色に変わって熟す。

果実は有毒といわれるが、野鳥は種を排出するため大丈夫の様だ。

一つ一つの花を見ると、花弁は4つに分かれている。

Dsc_4186

( :撮影日 :2016/7/11 :自宅 )

全体では小さな実が密集している様で非常に可愛らしい。

暖地では地植えでも良く育ち高さ1.5m程になる常緑小低木で、寒さに弱いのが難点だ。

今年の冬は余り厳しい寒さには襲われなく、又家の苗も2年物の苗で充実していたので

幸いに越冬出来た様に思うが、来年も大丈夫なのかなあ。

« どんどん増える:モントブレチア | トップページ | 湿地に良く生える:ミソハギ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて屋外で越冬出来た:ランタナ:

« どんどん増える:モントブレチア | トップページ | 湿地に良く生える:ミソハギ »