« 豪華な花が見事:ゴデチア | トップページ | 目立つ花:ヤナギハナガサ »

2016年6月 5日 (日)

虫が採れるの?:シレネ・アルメリア

市内を走行していると道端に結構目に付く草花がある、調べるとシレネアルメリアと言う。

この種は、花の基部が管状で先端が5つに分れ、1cm程の濃紺色の花を付ける。

小花が沢山集まって咲き、1つの大きな花の様に見え、茎や葉は白い粉に覆われる。

Dsc_4117_2

( シレネアルメリア :ナデシコ科 :シレネ属 :一年草・多年草 )

日本には江戸時代末にヨーロッパより、渡来し、強い繁殖力から今は野生化している。

花の付け根や上部の茎の節から分泌物を出し、虫を捕える為との発想から、

Dsc_4111

( 撮影日 :2016/6/1 :常総市豊岡町付近 

ムシトリナデシコ(虫取撫子)と言う和名で呼ばれ事も多い様だ。

草丈は30cm~60cm、茎は上に伸び、上部の方で枝分かれする。

茎の先端に紅桃色の花をまとめて咲かせる、また、淡紅色や白花もある様だ。

« 豪華な花が見事:ゴデチア | トップページ | 目立つ花:ヤナギハナガサ »

コメント

こんにちは !
小川に沿って遊歩道が続き、その淵に 
いろんな花が植えられています。
その中にシレネ・アルメリアが、ありましたよ。
何故か懐かしさを感じる花です。
ムシトリナデシコとは知りませんでした。
野生化したもので可愛らしい花が結構ありますね。

余談ですが先日、食虫植物のハエトリソウを買って来ました。

シレネ アルメニアは江戸時代末日本に入ってきて 野生化したとは知りませんでした。
昔からあるのですね。家のまわりでは見ない。散歩中気をつけて見ます。

メイさん:シレネ・アルメリアが見つかりましたか
ムシトリナデシコと言う和名で呼ばれ事も多いと言うが
本当に撮れるのかは不明の様です。

ケイさん:未だ見つかりませんか。
家の周りにある事を祈ります。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虫が採れるの?:シレネ・アルメリア:

« 豪華な花が見事:ゴデチア | トップページ | 目立つ花:ヤナギハナガサ »