« 虫が採れるの?:シレネ・アルメリア | トップページ | 観賞用に赤花:モナルダ »

2016年6月11日 (土)

目立つ花:ヤナギハナガサ

10年程前に常総市の大和橋付近の道端で見つけた花ですが、暫く紹介出来なかった。

最近、周りでも見られるが、元は園芸植物として導入され、野生化して広まっている。

ヤナギハナガサ(柳花笠)と言う名の、南米原産の帰化植物である。

Dsc_4135

( ヤナギハナガサ :クマツヅラ科 :クマツヅラ属 :多年草 )

梅雨の前頃から、夏の終り位まで咲き、河川敷や道端の空き地などで見かける。

紫色の小さな筒状の花が、いくつも集まり大きな花を作っている。

Dsc_4132

(撮影日 2016/6/4 :常総市大輪町の荒地 )

その姿は美しく、花も長持ちするので植えて見たい品種だが、

花径は、3ー5mm位の筒状花で、長さは1cm位あり、先が5つに裂ける。

花冠の外側には白い開出毛(ほぼ垂直に立っている毛)が生える。

« 虫が採れるの?:シレネ・アルメリア | トップページ | 観賞用に赤花:モナルダ »

コメント

こんにちは~♪
見たことがあるような、ないような不明な花だと
思っておりましたが
今朝、散歩に行く途中、近所の玄関先で見つけました。
触れて観察しましたので間違いないと思います。
野生化した花と言っても、あまり見かけませんので
繁殖力は弱いのでしょうか ❔
まさに花笠みたいで本当に可愛らしい花ですね ☆

メイさん:この花の種は弱く無いと思いますよ。
こちらでは、あちこちで良く見かけます。
ヤナギハナガサと言う名で10年程前から見かけますよ。

ありがとうございました~♪
野生化したと言っても随分と繊細な植物ですね。
種が多いとかアルカリ土壌でも、たくましく生きられる植物とは
違っているようですね。
住みやすい場所で、これからも咲き続けて欲しいですね(・_・)


メイさん:ヤナギハナガサは、今も大和橋付近の道端に有ります。
余り人通りが多く無く環境が守られているのかも知れません。
これからも環境が守られ続ける事を願っています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目立つ花:ヤナギハナガサ:

« 虫が採れるの?:シレネ・アルメリア | トップページ | 観賞用に赤花:モナルダ »