« ポピーの様な美しさ:ナガミヒナゲシ | トップページ | 紅色が美しい:ベニバナウツギ »

2016年5月 9日 (月)

青い羽が目立つ:アオスジアゲハ

アオスジアゲハは、南方を起源とするチョウで、本州中部以北では少ないと言う。

常総市のきぬ総合公園は、水害時大いに活躍し場所だが、ここで写真に撮れた。

停まる事が少なく、何時も元気に飛び回っているチョウだが、シロツメクサに停まっていた。

Dsc_3845

(  アオスジアゲハ :アゲハチョウ科 :アオスジアゲハ属 )

東京周辺では、公園等に生息していて、良く見られると言うが、南方系のチョウだ。

もっと南方系のアカボシゴマダラも、常総市でも時々見かけ、関東に定着した様だ。

Dsc_3858

( :撮影日 :2016/5/7 :常総市 :きぬ総合公園 )

翅の全体は黒く、中央を通る、澄んだ青い帯が美しく、非常に目立つチョウだ。

帯には鱗粉が無いらしく、鮮やかなパステルカラーに透き通っている。

翅斑は♂・♀ともに良く似ていて、判断するのは困難だと感じる。

« ポピーの様な美しさ:ナガミヒナゲシ | トップページ | 紅色が美しい:ベニバナウツギ »

コメント

我が家のまわりでもよく見かけますよ。
青い帯ですぐに分ります。
南方系の蝶がどうやって海を渡ってくるのか
不思議ですね。

凄く、青い帯が目立ち、直ぐに解りますね。
そちらにも居るのですね。南方系のチョウですが
温暖化の影響等で、この近くで繁殖を始めたものと
感じています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い羽が目立つ:アオスジアゲハ:

« ポピーの様な美しさ:ナガミヒナゲシ | トップページ | 紅色が美しい:ベニバナウツギ »