« 食べては寝ての:オオヒシクイ | トップページ | 鮮やかな黄色が映える:ギンヨウアカシア »

2016年2月24日 (水)

ネコのシッポか?:ピンクネコヤナギ

愛車の定期点検に行った序でに、中妻町を回ると珍しい赤色のネコヤナギを見つけた。

調べるとヤナギの園芸品種で、ピンクネコヤナギの名で、かなり美しい花穂だった。

Dsc_2949

( ピンクネコヤナギ :ヤナギ科 :ヤナギ属 :落葉高木 :雌雄異株 )

花穂を猫のシッポに見立てて、ネコヤナギの名前が付けられたと言う。

早春に一足早く花を咲かせる事から、春の訪れを告げる植物として親しまれている。

Dsc_2942

( 撮影日 :2016/2/23 常総市中妻町 )

雄花は先端に葯の付いた雄蕊が沢山現れ、葯が開くと黄色い花粉が出て来ると言う。

雌花は先端が黄色い短い糸の雌蕊が現れ、花後、果実を付ける様だ。

余り目立たないヤナギの樹だが、園芸種が有る事に驚いた。

« 食べては寝ての:オオヒシクイ | トップページ | 鮮やかな黄色が映える:ギンヨウアカシア »

コメント

ピンクの品種があるとは知りませんでした。
暖かそうですね。
毛皮で身を包んで冬を越す。
動物も植物も同じですね。

私も初めて見て、赤又はピンク色の園芸種の様です。
先日冠水で運休していた常総線の直ぐ脇の公園に有りました。
動物も植物も不思議な事が多いですね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネコのシッポか?:ピンクネコヤナギ:

« 食べては寝ての:オオヒシクイ | トップページ | 鮮やかな黄色が映える:ギンヨウアカシア »