« 葉でおにぎりを包む:イイギリ | トップページ | 暖かな正月で咲いたのか?:ウメ »

2016年1月 3日 (日)

新春の樹木:ソシンロウバイ

読者の皆さん、明けましておめでとうございます、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年らしい樹木は無いかと近所を探していると、ソシンロウバイを見つけた。

お正月頃から咲き出す、花の少ないこの季節に咲く、とても良い香りで、嬉しい花だ。

Dsc_2043

( ソシンロウバイ :ロウバイ科 :ロウバイ属 :落葉高木 )

中国原産の樹木で、17世紀頃に渡来、半透明でツヤのある花びらが蝋細工の様だ。

「”蠟細工”の様な、梅に似た花」からロウバイの名になったと言う。

この花は、良く見られるロウバイの園芸種で「素心蠟梅(ソシンロウバイ)」と言う。

Dsc_2039

( 撮影日 :2016/1/2 :坂東市大口付近  )

普通のロウバイは内側が少し赤っぽいが、花の外側だけでなく内側も黄色いのが特徴だ。 

花の後に出来る実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)と呼ばれる。

花托(かたく)と言う部分が成長し、中に茶色で粒状の果実が出来る様だ。

今年、実が実る姿を撮影して見たくなった。

« 葉でおにぎりを包む:イイギリ | トップページ | 暖かな正月で咲いたのか?:ウメ »

コメント

明けましておめでとうございます。
春を思わせるような陽気で我が家のロウバイも
いくつか咲き出しましたよ。
今年も素晴らしい写真を期待しています。

Mさん:今年も、何時もの新鮮なコメントを宜しくお願い致します。
ロウバイも庭に有るのですか、流石に広い庭ですね。
私はロウバイの実を見た事が有りませんので
果実がどんな姿か観てみたく楽しみです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春の樹木:ソシンロウバイ:

« 葉でおにぎりを包む:イイギリ | トップページ | 暖かな正月で咲いたのか?:ウメ »