« 前翅に1本、後翅に2本:コミスジ | トップページ | 花も見たかった:オニバス »

2015年8月 7日 (金)

赤とんぼより赤い:ショウジョウトンボ

昔ワカサギ釣りに良く行った、牛久沼に久し振りに行ってみた。

牛久観光アヤメ園で、ショウジョウトンボ(猩猩蜻蛉)に逢え写真んを撮った。

猩猩とは体が真っ赤な毛に覆われた伝説の生き物で、赤の代名詞だ。

Dsc_0589

( ショウジョウトンンボ :トンボ科 :ショウジョウトンボ属  :大きさ 44-55mm 

幼虫から成虫になる時、翅脈の中の血管に血液を流して羽の形を整える様だ。

トンボは翅が透明なので様子が判り易いが、チョウ等翅がある昆虫にも翅脈があると言う。

Dsc_0596

( 撮影日:2015/8/6 :牛久市観光アヤメ園 )

平地や丘陵地の挺水植物が良く繁茂する池沼等、広範囲な止水域に生息している。

赤く目立つので、水面上をパトロールする様に飛んでいる姿を良く見かける。

« 前翅に1本、後翅に2本:コミスジ | トップページ | 花も見たかった:オニバス »

コメント

猛暑が続いているとはいえ立秋、
赤とんぼを見ると秋が近いことを感じますね。
「猩猩蜻蛉」雅やかな時代を連想させる名前ですね。

いつもコメントをありがとうございます。
立秋も過ぎたと言うのに、暑さが続き体力的にピンチですね。
星空の撮影には適している様に思いますが
天体ショーの更新はいかがですか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤とんぼより赤い:ショウジョウトンボ:

« 前翅に1本、後翅に2本:コミスジ | トップページ | 花も見たかった:オニバス »