« トーチに似た:オオトリトマ | トップページ | 害虫だったのか:ナガメ »

2015年7月16日 (木)

再会:アカボシゴマダラ

野鳥の会は猛暑でキャンプする子供達は多かったが、野鳥数は僅か23種に終った。

替りに、昨年初めて逢い驚いた、アカボシゴマダラに、野鳥の会でも再会出来た。

従来は、日本での生息地は、奄美大島とその周辺の島々との事だったのだが、

Dsc_0489

( アカボシゴマダラ :タテハチョウ科 :アカモンゴマダラ属  )

2000年頃に、関東南部でも、本種が多数発生し、定着する様になった様だ。

突然関東に出現した事等から、人為的な放蝶の可能性も高いと考えられているが、

2010年以降は、関東地方北部や山梨県や静岡県、更に、分布の拡大が続いている。

Dsc_0487

( 撮影日 :2015/7/12 :常総市:あすなろの里 )

昨年、最初に見た後も色んな場所で、飛ぶ姿を多く見たが、茨城にも定着したのかも。

奇麗なチョウで美しいのだが、生態系に何か害が起きない事を祈るしかなさそうだ。

昨年初めてアカボシゴマダラに逢った時の記事は、こちらからご覧いただけます。

« トーチに似た:オオトリトマ | トップページ | 害虫だったのか:ナガメ »

コメント

よく見かけますが海外から持ち込んで増殖して
放した蝶だったとは知りませんでした。
外来種には天敵がいないので急激に増える、
ということを聞いたことがありますが、
自然のバランスが崩れるのは困りますね。

目立つチョウですが、そちらでも良く見ますか
私も投稿後にも3度見ましが、昨年以上に増えた感じがしています。
自然のバランスが崩れない範囲で定着して欲しい物です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再会:アカボシゴマダラ:

« トーチに似た:オオトリトマ | トップページ | 害虫だったのか:ナガメ »