« 不思議な昆虫:バラハキリバチ(薔薇葉切蜂) | トップページ | 時期外れでも綺麗:ベニバナトチノキ »

2015年5月 4日 (月)

満開の花を付けた:ユリノキ

以前も紹介した鬼怒川堤防上の小さな公園に、ユリノキが一本有り今満開に咲いている。

後に、きぬ総合公園にも10本程大樹がある事が知ったが、ここは未だ花を付けていない。

余り剪定されない樹には花が咲かないらしく、両者の違いをある程度納得した。

Dsc_9794

( ユリノキ :モクレン科 :ユリノキ属 :落葉高木 )

背丈は15m以上になる高木で、花は梢に咲くので、見付けても、撮影が難い。

初夏の5月頃、咲く大きな黄色の花は、チューリップをイメージさせる。

花は高い枝の上の、茂った葉の間に咲くので、高い樹では気づき難い。

Dsc_9796

( :撮影日 :2015/4/30 :常総市:鬼怒川堤防 )

花からは多量の蜜が採れるらしく、花の周りには、色々な蜂等が群がっていた。

北アメリカ原産で、昔インディアンはこの木を切り、カヌーを造ったと言う。

花は綺麗だが、公園の様に広大な庭でないと大きく育てることは難しい気がする。

花の直径は5~6cm、花弁は6枚で、淡黄緑色で、基部に橙赤色の斑紋がある。

以前の記事は、こちらからご覧戴けます。

« 不思議な昆虫:バラハキリバチ(薔薇葉切蜂) | トップページ | 時期外れでも綺麗:ベニバナトチノキ »

コメント

ユリノキは、前の小学校の校庭に幹の直径1mほどの
大木が10本あったのですが道路拡張のため全て
伐採されてしまいましたよ。
思い出に写真を撮っておきましたが残念ですね。

小学校の校舎は懐しい場所ですね。
私の母校、渟城2小は、今は廃止されてしまいました。何に再利用するのかな?
直径1mでは大木ですね。花付きは良かったですか?
未選定では花付きが悪いとの検討結果をどう感じますか?
大きくなると選定も困難ですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の花を付けた:ユリノキ:

« 不思議な昆虫:バラハキリバチ(薔薇葉切蜂) | トップページ | 時期外れでも綺麗:ベニバナトチノキ »