« 野性化した?:コジュケイ | トップページ | 梅雨に会った花:ムラサキツユクサ »

2014年6月18日 (水)

久し振りに見つけた:ホタルブクロ

以前は近所でもみられたホタルブクロだが、宅地造成で消えて最近見掛けなくなった。

釣り鐘型の花がうつむいて咲く可愛らしい花で、美しいので栽培されることも多い様だ。

Dsc_5049

( ホタルブクロ :キキョウ科 :ホタルブクロ属 :多年草 )

色は赤紫の花と白花が有るが、関東では赤紫が主で、関西では白が多いと言う。

名の由来についても、2説あり、ホタルの捕まえた時の籠として遊んだのが由来とする説。

Dsc_5053

( 撮影日 :2014/6/18 :常総市豊岡町 )

もう一つは、提燈の事を「火垂る袋」と呼ぶ地方があり、形がそれに似いている。

花の咲く時期もホタルが出る時期と、ほぼ重なりどちらも本当らしい説だ。

未だ多くの自然が残る常総市ですが、昔の自然が少しづつ消えて行くのは寂しいですね。

« 野性化した?:コジュケイ | トップページ | 梅雨に会った花:ムラサキツユクサ »

コメント

以前このブログを見て我が家にあったホタルブクロに
白色LEDを入れて光らせたことがありましたよ。
LEDホタルでは情緒がないですね。

ホタルブクロを記したのは大分前の事ですね。
実際にLEDで実験したのですか?
やはり情緒不足でしたか、やはり自然には敵いませんね。
この時期野鳥の写真が難しく、山野草もネタに加えて対応予定です。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りに見つけた:ホタルブクロ:

« 野性化した?:コジュケイ | トップページ | 梅雨に会った花:ムラサキツユクサ »