« 嫌われものか?:ヒヨドリ | トップページ | 今年も逢えた:フデリンドウ »

2014年4月 9日 (水)

千姫で知られる:弘経寺の桜

最近、中学校脇やその他の場所に新たな野鳥の訪問も無く、一方植物は花盛りの時期で

今、皇居の桜に多数の人出がを話題になっているが、近所の弘経寺の桜を紹介する。

Dsc_4272

弘経寺は1414年に創建され、第10世の、了学上人の頃には

徳川家康・秀忠・家光に厚遇された高僧で、多いに栄えたと言う。

この事により千姫は生前より、ここを菩提寺と決めていた様です。

Dsc_4270_3

しかし、千姫のなきがらは、皆さんが御存じの様に文京区の伝通院へ葬られました。

永い間、弘経寺には、遺髪が納められていると伝えられていました。

平成9年の調査で、分骨もされていた事が判明しました。

Dsc_4271_2

( 撮影日 :2014/4/5 :常総市:弘経寺境内 )

長い歴史の中、本堂の傷みも著しく、2006-2008年までかけ大改築を行いました。

多分桜も散る頃と思いますが、4月13日(日)には第14回千姫まつりが開催されます。

« 嫌われものか?:ヒヨドリ | トップページ | 今年も逢えた:フデリンドウ »

コメント

今年はどこに行っても桜がきれいですね。
「今年は桜が …」 なんて言うのはトシをとったせいだよ、
などと仲間に言われますがそうかも

今年は、天候のお陰か桜の期間も長く、綺麗ですね。
トシの人は最高齢者を始め沢山いますが・・・・・。
年齢ではなく、体力・気力の方が大事かな?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千姫で知られる:弘経寺の桜:

« 嫌われものか?:ヒヨドリ | トップページ | 今年も逢えた:フデリンドウ »