« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

胸の黒さは暑苦しいね:ムナグロ

色んな種類が来て楽しませてくれた、地元の中学校脇の田圃に久し振りに新種が来た。

この場で、ムナグロを見るのは2度目だが、夏羽に替り、30羽程度の群れで来ていた。

Dsc_4551

( ムナグロ :チドリ目 :チドリ科 :全長 約 24cm :旅鳥 )

田圃に水が入りいよいよ田植えを開始する様だが、これを目敏く見つけて来た様だ。

冬季はオーストラリアや東南アジアで越冬し、これからシベリア等へ渡り、繁殖すると言う。

この時期、胸の黒さは暑苦しい感じがするが、シベリアに向かうのでやむをえないのかな。

Dsc_4564

( 撮影日 :2014/4/26 :常総市:豊岡町の田圃 )

撮影中、突然チゴハヤブサらしきタカがムナグロの群れを襲い、群れは一斉に飛び立った。

ムナグロは危機一髪、難を逃れたが、怖い思いをしたので暫くは来ないのかな?

流石に翌日には現れなかったが、翌々日には50羽程の群れに増えて現れ、安心した。

2014年4月26日 (土)

早くパートナーを見つけて!:カイツブリ

つくば市の高崎自然の森の帰りに、牛久沼に流入する河川の谷田川に寄ってみた。

農繁期の為かも知れないが、いつもより流量が多く、良く見かけるカイツブリにも逢えた。

Dsc_4504

( カイツブリ :カイツブリ目 :カイツブリ科 :全長 約 25-29cm :留鳥 )

カイツブリは近所でも良く見かける野鳥だが警戒心が強く、中々近づけない。

人けを察すると直ぐ潜り、遠方まで潜って逃げ、又は草陰に隠れてしまう。

Dsc_4492

( 撮影日 :2014/4/23 :つくば市 :谷田川で )

昨年、6月頃に近所で逢った時には、ツガイは2羽のヒナを連れていたのだが・・・・

今日のは、未だ単独行動で、これからゆっくり伴侶を見つけるのかなあ・・・・・・?

2014年4月21日 (月)

久し振りに姿を見せた:ウグイス

先日、ビンズイを見た常総市の安養寺裏の鬼怒川堤防で今回は、ウグイスに逢えた。

良い声で囀り、逸早く春を告げてくれるが、いつも葉陰に隠れて姿を見る事は少ない。

Dsc_4438

( ウグイス :スズメ目 :ヒタキ科 :全長 約 14-15.5cm :留鳥 )

今日は枝先に留まってくれたが、顔に枝被りがあり、少々残念な悔しい結果だった。

ホウホケキョと鳴く瞬間には、全身に力を込め囀る様で、嘴を開け全身を震わせている。

Dsc_4444

( 撮影日 :2014/4/17 :常総市 :鬼怒川堤防 )

隠れてばかりいないで、タマには、ヒバリの様に堂々と空高く飛びたってはいかが?

そうしないと、ウグイスの名も何時かメジロに奪われてしまうのではと少し心配だ。

2014年4月16日 (水)

今年も逢えた:フデリンドウ

桜も終わり、一面枯れ草だった野も枝も緑に変わり、すっかり春らしい季節になった。

野鳥の会でフデリンドウを見つけたが撮影に失敗し、以前に見た城山の里に行ってみた。

Dsc_4400

( フデリンドウ :リンドウ科 :リンドウ属  :2年草 )

ここは以前から野草等が保護されていたため、広い山の斜面に多数の花が見られた。

草丈、10cm以下で、漏斗状の青紫色の花を、茎の上部に1~10個を付け、上向きに咲く。

Dsc_4389

( 撮影日 :2014/4/15 :つくばみらい市 :城山の里 )

花は陽が当っている時だけ開き、雨天時は、筆先の形をした蕾になって閉じている。

山地の林内や陽当たりの良い、やや乾いた草原に自生すると言う。

2014年4月 9日 (水)

千姫で知られる:弘経寺の桜

最近、中学校脇やその他の場所に新たな野鳥の訪問も無く、一方植物は花盛りの時期で

今、皇居の桜に多数の人出がを話題になっているが、近所の弘経寺の桜を紹介する。

Dsc_4272

弘経寺は1414年に創建され、第10世の、了学上人の頃には

徳川家康・秀忠・家光に厚遇された高僧で、多いに栄えたと言う。

この事により千姫は生前より、ここを菩提寺と決めていた様です。

Dsc_4270_3

しかし、千姫のなきがらは、皆さんが御存じの様に文京区の伝通院へ葬られました。

永い間、弘経寺には、遺髪が納められていると伝えられていました。

平成9年の調査で、分骨もされていた事が判明しました。

Dsc_4271_2

( 撮影日 :2014/4/5 :常総市:弘経寺境内 )

長い歴史の中、本堂の傷みも著しく、2006-2008年までかけ大改築を行いました。

多分桜も散る頃と思いますが、4月13日(日)には第14回千姫まつりが開催されます。

2014年4月 3日 (木)

嫌われものか?:ヒヨドリ

常総市の桜の名所の1つの弘経寺に桜が咲き始め、春を心待ちの私も見に行った。

駐車場に有る梅の木も花盛りで、この蜜を吸いにヒヨドリがやって来た。

Dsc_4100

( ヒヨドリ :スズメ目 :ヒヨドリ科 :全長 約 28cm :留鳥 )

近くにある椿の蜜を吸った時に着いたのか、顔中が花粉でいっぱいで黄色くなっていた。

今は果実や花の蜜を食べているが、繁殖期には果実に加え昆虫類も多く捕食すると言う。

Dsc_4097

( 撮影日 :2014/3/28 :常総市:弘経寺駐車場 )

畑に現れ、キャベツやダイコン等の葉を食い荒らし、農家にも嫌われ物の様だ。

我が家にも現れ、シジュウカラ用の餌台を占領したり、菜園の葉を食べてしまう等問題児だ。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »