« 食べられるのかな?:ミゾソバ | トップページ | ノアザミ似の:ノハラアザミ »

2013年10月17日 (木)

美味しそうな?:アメリカイヌホオズキ

野鳥を見にいつもの小貝川の野鳥の楽園に行って、実の付いた雑草を見付けた。

名前は、アメリカイヌホオズキで、実の直径は 5mm程で熟すとブドウの感じだ。

別に、日本原産のイヌホウズキも有る様で、こちらは8mm程の実を着ける様だ。

Dsc_1544

( アメリカイヌホウズキ :ナス科 :ナス属 :一年草 )

名はホウズキだが、ブドウに似た色だが、私にはミニトマトを更に小型にした見えた。

しかし、図鑑では、ホオズキやナスに似ているが役に立たない事で付けられ名と言う。

日本には、大昔に帰化した植物と考えられていて、全国に分布している様だ。

Dsc_1548

( 撮影日 :2013/10/13 :常総市:小貝川堤防 )

ナス科の植物だけにナスやトマト等に似た実を付けても不思議ではないが、

この種の全草にソラニンを含み有毒の為、食は不可能との事だ。

食べて見たい衝動にかられるが要注意!別名:バカナスビ。

« 食べられるのかな?:ミゾソバ | トップページ | ノアザミ似の:ノハラアザミ »

コメント

可愛らしい実ですね。
ホオズキがナス科とは知りませんでした。
毒があるとはいえこれを食べる野鳥?もいるのでしょうね。

今年、フセンカズラヲ育てたら、ホウズキも育てて見たくなりました。
春に種を播く様ですね。
野鳥の会に行くと、知らない実を何でも口に含んで判別する方がいます。
極微量なら大丈夫かな?その内痛い目に逢うかも?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美味しそうな?:アメリカイヌホオズキ:

« 食べられるのかな?:ミゾソバ | トップページ | ノアザミ似の:ノハラアザミ »