« ワタの花:2013 | トップページ | 久し振りに会えた:イソシギ »

2013年9月21日 (土)

千姫の墓のヒガンバナ:2013

日本列島を縦断する台風18号が過ぎ去ると共にすっかり秋らしい天候となった。

台風一過の天候に誘われヒガンバナの弘経寺に行ってを見ると後二日位で満開の様だ。

翌々日に再度行くと、予想通り満開で、夏の暑さのせいか今年の開花は少し早い様だ。

Dsc_1202

( ヒガンバナ :ヒガンバナ科 :ヒガンバナ属 :球根植物 )

境内で良く陽の当る部分の株は遅いのか?乾燥のせいか?、未だ芽を出していない。

又、この陽当たりに有るシロバナのヒガンバナも未だ見られない。

前に記した、同じヒガンバナ属のナツズイセンも群生地は有る様だが、それ程は多くない。

Dsc_1206

( 撮影日 :2013/9/18 :常総市:弘経寺境内 )

ヒガンバナは、稲作の伝来時に土に鱗茎が混入して来て広まったと言われる。

有毒な鱗茎を畦や土手に植え土に植え、モグラ等、穴を掘る動物を避ける為と言う。

有毒性が人間に必要とされ、勢力を広げる結果になるとは・・・・・・。

« ワタの花:2013 | トップページ | 久し振りに会えた:イソシギ »

コメント

この花を見ると秋を感じますね。
近くの公園でも曼珠沙華祭りが開催されていますよ。
今年は満開ですが昨年は全く芽も出ていませんでした。


花の時期は天候により毎年変わりますね。
今年は運良く、名前の通り彼岸ピッタリに咲きましたね。
花は随分と派手で、お彼岸にはチョッピリ似合わ無いかも?
今年は祭りと会い、良かったですね。

アクセスカウンターが10万を超えましたね。
おめでとうございます。
新しい記事を続けてアップして行くのは大変ですが
その苦労が報われたようで、こちらも励みになります。

10万回超えを教えて戴きありがとうございます。
有名人なら一日で達成する数字かもしれませんが
中々進みませんね。
ブログを始めてから、6年4カ月での達成です。
庭にメジロが来たのを撮影したのが始まりでしたが
続けて行くのは大変ですね。
頑張りましょう!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千姫の墓のヒガンバナ:2013:

« ワタの花:2013 | トップページ | 久し振りに会えた:イソシギ »