« 帰省での:ゴマダラカミキリ | トップページ | 常総市の花火:2013 »

2013年8月25日 (日)

緑色の虫に逢えた:アオハナムグリ

近所の弘経寺を散歩していて、久し振りに珍しい・美しいヤマトタマムシに逢えた。

折角の御対面だったが、写真を一枚撮っただけで飛び立ってしまった。

午後には昨年ヤマトタマムシ逢えた、きぬふれあい公園に行ってみたが当然いなかった。

Dsc_0990

( ヤマトタマムシ :タマムシ科 :ルリタマムシ属 )( 撮影日 :2013/8/20 )

代わりに同じく緑色のアオハナムグリに逢え、どちらも可也美しい緑色の姿だ。

名は、訪花性の生態に由来し、「花潜り」と表記し「はなむぐり」と読む様だ。

成虫は花に集まる事が多いが果物も食べるので、カブトムシと同様に飼育出来ると言う。

Dsc_0992

( 撮影日 :2013/8/20 :常総市:きぬふれあい公園 )

Dsc_0996

( アオハナムグリ :コガネムシ科 :ハナムグリ属 )

体長、15~20mm程有り、全体は光沢のない濃い緑色で、上翅に白斑を持つ。

濃緑色の体は、コアオハナムグリにも似ているが、全体に大きく、毛深くなく、青味が強い。

ナミハナムグリにも良く似るが、アオハナムグリの方が毛が薄い等の違いがあると言う。

« 帰省での:ゴマダラカミキリ | トップページ | 常総市の花火:2013 »

コメント

宝石のような、素晴らしい輝きですね。
こんなに目立つと野鳥などに狙われやすいのでは
と思いますが、
昆虫の世界も不思議なことがいっぱいですね。

ヤマトタマムシも美しいがアオハナムグリも負けていませんね。
同じ日に2種が見れた事に感激しています。
目立つ姿でどんな利点が有るか不明ですね。

画像はシロテンハナムグリでは?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑色の虫に逢えた:アオハナムグリ:

« 帰省での:ゴマダラカミキリ | トップページ | 常総市の花火:2013 »