« 入間の航空ショー:2012年 | トップページ | 橙褐色の野鳥:ヤマガラ »

2012年11月16日 (金)

可愛らしいウリ:スズメウリ

今月の野鳥の会は、コハクチョウが来た事もあり、34種を観察出来た。

先月の会でもスズメウリを見つけたのですが、今回、写真に撮った。

果実は小さく、径10~15mmで、カラスウリに対して、スズメのウリなのでしょう。

スズメウリはウり科の1年草で、花は8月頃、雌雄異花の様だ。

Dsc_6211

( スズメウリ :ウリ科 :スズメウリ属 一年草 )

スズメウリもカラスウリ同様、鳥の名に因んだ名前としての紹介が一般的な様だ。

スズメウリと言う名前は、小型の可愛らしいウリなのでと名付けられたと言う。

他に、この小さな実をスズメの卵に見立てて、名付けられたとも言われている。

Dsc_6209

( 撮影日 :2012/11/11 :常総市:あすなろの里 )

カラスの卵もスズメの卵も馴染みが薄く、実際は中々見る事が出来なくどれ程の差かな?

先月、実を見た時は緑色でしたが、熟して白くなっている実が枝に下がっていた。

スズメウリの葉は枯れていたが、緑の実と白い実が沢山付いていました。

図鑑では遠目には真珠の様と記されていたが、かなり大きく、高額な真珠の様だ。

« 入間の航空ショー:2012年 | トップページ | 橙褐色の野鳥:ヤマガラ »

コメント

スズメの卵は見たことがありませんが
名前の由来かもしれませんね。
ツルが枯れたあと実はどうなるんでしょうか。

Mさん:お帰りなさい、日食の撮影の成功おめでとう。
やはり、スズメの卵は見た事が有りませんか。
ツルは枯れていましたが、未だ実が付いていました。
この先どうなるのでしょう?来月も見てみます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 可愛らしいウリ:スズメウリ:

« 入間の航空ショー:2012年 | トップページ | 橙褐色の野鳥:ヤマガラ »