« 昼も咲く月見草:ヒルザキツキミソウ | トップページ | 美味しそう?:ウワミズザクラの実 »

2012年7月16日 (月)

漸く知った!花名:クサハナビ

何時、何処で、手に入れたか?忘れてしまったが、鉢に10年以上元気に育つ花が有る。

他の花のネットを検索していて、偶然に、その花の名前を見つける事が出来た。

正式名はタリヌム・カリキヌムだが、流通名はクサハナビと呼ぶメキシコ原産の多年草。

小さなピンクの花が細い茎に沢山咲き、まるで花火を思わせ、とても印象的な花だ。

Dsc_8553

( タリヌム・カリキヌム  :流通名:クサハナビ :スベリヒユ科 :マタリヌム属 : 多年草 )

花火と言う割に、夜中には咲かず、午後から開花し、日没後、間もなく閉じてしまう。

更に一日花で、一度しか咲かず、この儚さが花火との名付けとなったのかな?

しかし、5~9月の間は、次々に新しい蕾が咲き続け、長い期間花が楽しめる。

20㎝程の細長い花茎が伸びて、その先に2㎝弱のピンク色の花が幾つも咲く。

Dsc_4989

( 撮影日 :2012/7/12 :常総市 :自宅 )

細い花茎の先の花が風に揺れて、涼しげな感じも、夏向きの感じだ。

冬には、地上部は枯れ、塊根状態で-10℃以下にも耐る、耐寒性の強い植物だ。

お蔭で、結構寒い年も有ったが、茨城で10年以上元気に育っている。

多肉植物で、水はけと通風の良い場所で、日当り良く、乾燥黄味に育てましょう。

« 昼も咲く月見草:ヒルザキツキミソウ | トップページ | 美味しそう?:ウワミズザクラの実 »

コメント

鮮やかな色の花ですね。
名前が分ってよかった。
我が家にも出所不明の植物が何本かありますよ。

Mさん:コメントをありがとうございます。
サボテンを購入した時に鉢の隅に入っていたのかも知れません?
それとも小鳥が種を運んで来たのかも?
数年でなくなる花も多いですが10年以上名が知れないのは可哀想ですね。
他にもそんな花が有り、時々名を探しています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漸く知った!花名:クサハナビ:

« 昼も咲く月見草:ヒルザキツキミソウ | トップページ | 美味しそう?:ウワミズザクラの実 »