« 関宿城で鷹匠のイベント | トップページ | 赤い雄蕊が目立つ:トサミズキ »

2012年3月22日 (木)

春の花:サンシュユ

前年は満開で見つけたサンシュユの花ですが、今は全ての植物が遅れている様だ。

愛用のD90が故障しキタムラに修理依頼の帰りに、麗らかな天気に誘われ、店の近くの

絹の台桜公園に寄ると、桜の蕾は未だ固いが少し膨らんだサンシュユが目に付いた。

大分暖かくなったが、今年は未だ花が少なく春の訪れが待ち遠しいですね。

P1350224

( サンシュユ :ミズキ科 :ミズキ属 :落葉中高木 )

数日後に同公園を再度訪門すると、前回よりは、蕾もかなり膨らんでいた。

桜ほど、開花時期は話題にならないが、やはり数週間程の遅れは有りそうだ。

花の受粉には、鳥を利用する鳥媒花と虫を利用する虫媒花が有ると言う。

早春の花は、黄色の花が多い気がするが、どんな理由なのでしょう?

P1350230

( :撮影日 :2012/3/20 :つくばみらい市:絹の台桜公園 )

昆虫は、可視光線領域が紫外線側に偏っていて、赤色が見え難い様だが

鳥は、可視光線領域が比較的広く、赤も良く見えると言う。

今度この辺も調べて見たい気がして来た。

宜しければ、2年前のサンシュユの記事も、こちらからご覧下さい。

« 関宿城で鷹匠のイベント | トップページ | 赤い雄蕊が目立つ:トサミズキ »

コメント

我が家でもやっと咲き出しましたよ。
開いた花ははじけた線香花火のようで綺麗ですね。
赤い実がなるのですがいつも野鳥に食べられて
しまう。

Mさん:サンシュも庭に有るのですか、植物園ですね。
季節の遅れで未だ充分には開花していませんね。
花がはじけて数倍の大きさになるともっと奇麗でしょうね。
今度、実も観察してみます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の花:サンシュユ:

« 関宿城で鷹匠のイベント | トップページ | 赤い雄蕊が目立つ:トサミズキ »