« カワセミの食事風景 | トップページ | 野田市にもいた:コミミズク »

2011年2月14日 (月)

今年のシンビジウム

10年以上前に購入のシンビジウムだが、3年程前に咲かせるコツを覚え

それ以降、今年も順調に咲かせる事が出来ている。

何度か株分けを行い6鉢まで増えたが今年花芽を付けたのは4鉢だった。

3-10月の葉芽の芽欠きが重要で、少し可哀想な気もするがこれを続けている。

Dsc_2968

( シンビジウム :ラン科 :シンビジウム属 :非耐寒性多年草 ) 

最も早く花芽を付けた1鉢を、昨年11月末に実家の能代へ持って行ったのだが

1月に電話をしてみると花芽が消えてしまった様で見当たらないとの事。

あまりの寒さのせいなのか?何なのか?、こちらは不調に終わった様だ。

春に帰省した時に、ゆっくり話を聞き調査をしたいと思う。

Dsc_2967

( 撮影日 :2011/2/14  :常総市 :自宅 )

今年は大きく成長した株には花芽を付ける事が出来たが、

未だ株分け後の日が浅く、株の小さな2鉢にも来年は花芽を付ける様育ててみたい。

ほぼ同じ頃購入したデンドロビウムは、葉も無くなり茎だけになってしまったが

2年程、葉の出る様子も無く、再生不可能なのか?そろそろ処分時期かな?

« カワセミの食事風景 | トップページ | 野田市にもいた:コミミズク »

コメント

きれいに咲いていますね。
よく世話をしているようで、花もそれに応えたのでしょう。
花芽の根元に水滴のような蜜が見えますね。
これが物凄く甘い、
我が家に咲いた時、集められないかと思いましたよ。

Mさん:永い間咲かせられなかったのですが
定年で暇が出来たお陰で4年間続けて咲いています。
でも新入社員の様な新芽を取るのは将来がない気がして
本当に辛いですね。
水滴の様に見えるのが蜜とは知りませんでした。
今度舐めてみます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のシンビジウム:

« カワセミの食事風景 | トップページ | 野田市にもいた:コミミズク »