« コガモも最後の群れかな? | トップページ | 夏鳥の鷹:サシバ »

2010年4月24日 (土)

庭のタイツリソウ

6~7年前に購入したタイツリソウが今、家の花瓶の中と庭で盛りに咲いている。

鯛を吊り上げた様な感じと言うので、タイツリソウという名前が付けられた様だ。

別名のケマンソウのケマンとは、仏前を飾る金属製の造物の「華まん」を言い

やはりこれにも似ている事から付けられた名の様ですね。

Dsc_6503

( タイツリソウ:別名:ケマンソウ  :ケシ科 :コマクサ属 :多年草 )

ハート型の2cm程の花を、横に伸ばした花茎に一列に咲かせるので人気です。

花色は、桃色が一般的ですが、白花も有る様です。

耐暑性が弱いので、特に、夏は日陰になるような場所が適しています。

土質は特に選ばず、普通の庭土でも良く育ちます。

Dsc_6572

( :撮影日 :2010/4/24 :常総市:自宅 )

葉を付けている期間が短いので、地上部が枯れた後で、

何度も間違って掘り返してしまい、充分な注意が必要だ。

7年程植替えはしていませんが3~4年で植替えた方が良さそうですね。

株分けや植替えは、10~11月が良さそうですね。 

前回ブログに取上げた記事も、ご参考にご覧下さい。

« コガモも最後の群れかな? | トップページ | 夏鳥の鷹:サシバ »

コメント

タイツリソウとは、
確かにそのとおりですね。
よく似たかたちでコバンソウなんていうのもありますよ。
こちらは穂ですが。
http://home.a01.itscom.net/iggy/m_san/msan022.htm#001
いずれも、どこか滑稽で、おめでタイ名前ですね。

Mさん:どちらも御めでたい名前ですね。
植物の実・花・葉の形なども
色々で自然界の不思議に関心しますね。
先人が後から付けた理屈にも感心します。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 庭のタイツリソウ:

« コガモも最後の群れかな? | トップページ | 夏鳥の鷹:サシバ »