« 札幌の思い出:ライラックの花 | トップページ | コガモも最後の群れかな? »

2010年4月14日 (水)

春に咲く:リンドウ

常総市の野鳥の会は、あすなろの里で行われ今月も36種の野鳥を観察出来た。

私は、ハリギリの芽吹きや春の野草の写真も撮る事が出来た。

また、春に咲くリンドウを、園内の里山の傾斜地で 5株程を見つけました。

離れた場所でも更に1株を発見、残念ながら名前の特定が出来ませんでした。

Dsc_6416

( フデリンドウ :リンドウ科 :リンドウ属  :2年草 )

かなり小型のリンドウで、枯葉の脇から伸びて花を付けていました。

この仲間は、春に周りの草の背丈が高くなる前に花を咲かせ、

小さな種をつけて、夏前には枯れてしまう、2年草の様です。

陽光が差し込む斜面で小さなスカイブルーの花を咲かせている可愛い花でした。

Dsc_6421

( :撮影日 :2010/4/11 :常総市:あすなろの里 )

秋に咲くリンドウは自宅にも有りますが日当りが悪いと花が付きません。

春のリンドウは、木陰でも花が咲き、草丈は小さいのですが姿形はそっくりですね。

日本にはハルリンドウ、フデリンドウ、コケリンドウ、ミヤマリンドウの4種類ある様だ。

写真の個体の名前を知っている方は、是非ご連絡をお待ちしています。

追記  後日、野鳥の会で名前を確認した所、フデリンドウとの事でした。

« 札幌の思い出:ライラックの花 | トップページ | コガモも最後の群れかな? »

コメント

山野草の図鑑で見るとフデリンドウのようですね。
特徴として、葉が向かい合って付く、と説明書きがあります。
リンドウの花を見ると山歩きをしたくなりますね。

Mさん:フデリンドウですか、ありがとうございます。
私の図鑑には、フデリンドウとハルリンドウ
しか載っていませんが、どちらも花の色に
赤味が有ります。
生息地で花の色が変わるかも知れませんが
それが気になりました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春に咲く:リンドウ:

« 札幌の思い出:ライラックの花 | トップページ | コガモも最後の群れかな? »