« 霞ヶ浦からの望遠富士 | トップページ | タヒバリ:2 »

2010年1月 4日 (月)

地面に張り付く冬のタンポポ

皆さん:明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

今回は皆に親しまれているタンポポを最近撮影した事について紹介する。

福岡堰は、秋遅くに草刈りが行われて、タンポポも根元まで切取られたので

寒さのためか伸びきれず、地面に張り付いているのに黄色い花を付けている。

Dsc_3881

( セイヨウタンポポ :キク科 :タンポポ属 :撮影日 :2010/1/2 :福岡堰 )

私は年賀状にはその年の干支と春らしい花の図案を記す事を基本にしている。

タンポポも数年前に使ったが、図鑑での花期は、3-5月で春の花なのですが

周りを見ると寒さに耐え一年中咲いている非常に強い花の様である。

Dsc_3878

タンポポ属の分類は複雑の様で日本にも20種以上が自生していると言う。

一般に言うセイヨウタンポポと日本種の分類は、ガク片(萼片、総苞)で区別する。

写真の様に、反り返っているのはセイヨウタンポポで、区別出来ますが

両者の遺伝子結合で中間型も出来るなどどんどん難しくなりますね。

« 霞ヶ浦からの望遠富士 | トップページ | タヒバリ:2 »

コメント

 私も、季節はずれに咲いているタンポポを時々見ます。結講当たり前にあるような気がします。
 寒いこの時期に咲いているのを見つけると、オイ、頑張れよとでも声をかけたくなりますね。

とんぼさん:今年も宜しくお願いします。
タンポポは一年中咲いていますよね。
でも時々新聞等でも寒いのにタンポポが咲いた?
と、話題になりますね。
頑張れと声をかけたくなりますね。

昨日は情報提供ありがとうございました。
早速,今日,福岡堰下流の方に行ってきました♪♪
・・・残念なことに,カワセミに出会うことはできませんでしたが,ゴイサギやヒヨドリ,セグロセキレイなどに会って参りました。
出会えるまで,時間を見つけて行ってみようと思います♪♪
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

aobaさん:結果は残念でしたね。
駐車後直ぐの場所ですので
注意して見て下さい。
一番良く見られるのは、水門の周辺です。
水門の周りのコンクリートの上に止まったり
水門に流れてくるゴミを取り除くための網を張る
ロープにいる事も有ります。
後は、その近くのサクラの木の枝です。
数日通うと見れると思います。

ありがとうございます。
昨日はちょっと広範囲に探しすぎました・・・。
次観察に行くときは水門周辺に絞って,よ~~く見てみます!
なんだか近いうちに飛ぶ宝石に遭えそうな感じがしてきました♪♪

aobaさん:
1/4日の写真もアルバムの”飛ぶ宝石カワセミ”に
アップしました。
ご覧頂けると嬉しいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地面に張り付く冬のタンポポ:

« 霞ヶ浦からの望遠富士 | トップページ | タヒバリ:2 »