« イタチの子供かな? | トップページ | 何度撮っても魅力ある、カワセミ »

2009年9月27日 (日)

マント姿のホタルガ

例年、庭に現れるホタルガが今年は現れないなあ・・と思ったらやって来た。

頭が赤く、羽が黒い所がホタルに似ていると言うのが名前の由来の様だ。

ホタルとは大きさも違い、発光する事もなく、どう見ても似ていないのだが、

全体の印象が明確にホタルを連想させる。

P1230385

( ホタルガ :マダラガ科 ) 

6-7月と 9月の、年 2回、羽化し、多数の本種が見られる。

マント姿のオシャレな容姿で、触角はまるで鳥の羽の様な櫛歯状で、

黒い翅には白い帯模様があり、蛾の中ではとても綺麗である。

Dsc_1135

( :撮影日:2009/9/26 :常総市:自宅 )

本種は昼行性で、昼間にフアフアとゆっくり飛び、帯の残像が輪を描いている見える。

速く飛んで警戒信号を認知されない様だと、襲われてしまう可能性が大きい。

食樹はマサキで日本全国どこにでも生垣などに愛用されている。

食料に苦労する事ない、と言う事は、目下の生存競争の勝者の一種の様だ。

« イタチの子供かな? | トップページ | 何度撮っても魅力ある、カワセミ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マント姿のホタルガ:

« イタチの子供かな? | トップページ | 何度撮っても魅力ある、カワセミ »