« ツクシの不思議 | トップページ | 紫の菜の花:ムラサキハナナ »

2009年3月30日 (月)

春を飾るモクレンの仲間

春の花木としてモクレンの花も有名で、桜より一足先に満開になる。

以前はモクレンの花はランに似ているとして「木蘭(モクラン)」と呼ばれた事もある。

近年では、ランよりもハスの花に似ているとして「木蓮(モクレン)」と呼ばれている。

P1340320

( モクレン=シモクレン :モクレン科 :モクレン属 :撮影日 :2009/3/28 :常総市 )

長い事ハクモクレンをモクレンとと思っていたが、紫色の花がモクレンとの事だ。

先日近所の庭で鮮やかに満開に咲く、豪華なモクレンを見つけ撮影した。

花の色が紫色であることから、シモクレン(紫木蓮)とも呼ばれている様だ。

P1340293

( ハクモクレン :モクレン科 :モクレン属 :撮影日 :2009/3/27 :坂東市公園 )

同じ仲間に純白の花を付けて、少し早めに咲くハクモクレンがある。

夕方、ハクモクレンのつぼみが膨らんでいると沢山のロウソクの様にも見える。

この花はモクレン属の中で最も早く開花し、芳香を漂わせる。

P1340367

( コブシ :モクレン科 :モクレン属 :撮影日 :2009/3/29 :渡良瀬遊水地 )

上記の2種に比べると花はやや小さいが春の花として唄われるコブシもある。

コブシは花だけではなく枝も芳香をもっており、

更に、握り拳の様な、不思議な形の実を付けるので観察のご参考に

« ツクシの不思議 | トップページ | 紫の菜の花:ムラサキハナナ »

コメント

モクレンは卒業式、桜は入学式ですね。どちらにも懐かしい思い出がある。

Mさん:コメントをありがとうございます。
秋田の春の花は非常に遅く
どちらも都内と一致しません。
桜はメーデーの頃で1ケ月遅れですね。
温暖化で20~30年後には
都会並に早まらない事を願います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春を飾るモクレンの仲間:

« ツクシの不思議 | トップページ | 紫の菜の花:ムラサキハナナ »