« 庭のツマグロヒョウモン | トップページ | 男鹿半島の入道崎 »

2008年9月 4日 (木)

乙戸沼のアオモンイトトンボ

いろいろ観察できる土浦市の乙戸沼公園でアオモンイトトンボに会えた。

水辺の淵だけですが沼の周辺全体のおり、可なりの数がいるようだ。

細くて、体長も32mm程度と小さめのイトトンボは目立ち難いが

♂は尻の青色部分は結構目立ち、目を凝らせれば見つけることが出来る。

P1220868

( アオモンイトトンボ :イトトンボ科 :アオモンイトトンボ属 :大きさ:32mm )

♀には♂と同色のものと、下の写真のようにオレンジ色から緑色に

変化するものの2種類がおり、後者は目立つ部分がなく見つけ難い。

アジアイトトンボに似ているがやや大きく、♂は腹部にある青色部の位置が

(本種は第8節と第9節の1部、アジアイトトンボは第9節)の様だ。

P1220893

( 撮影日:2008/8/26 :土浦市;乙戸沼公園で:アオモンイトトンボの♀ )

成虫は、4-10月に見られるようで、池の近くの草むらで良く見かけます。

草などに止まっている時は近づいてもあまり逃げずに観察の対象に良い。

汽水域に生息することが多いのだそうだが

この辺はかっては海の中だったからかな?

P1220890

( 撮影日:2008/8/26 :土浦市;乙戸沼公園で:アオモンイトトンボの裏側 )

« 庭のツマグロヒョウモン | トップページ | 男鹿半島の入道崎 »

コメント

イトトンボも最近見ていません。昔は身近でよく見たような気がします。それとも気が付かないだけなのでしょうか。相変わらず綺麗に写真を撮られていますね。感心します。

とんぼさん:ありがとう。
最近散歩をしているといろいろな物に会え楽しんでいます。
仕事に追われていた当時は、会っても見えていなかった様です。
写真は、1眼レフが欲しいのですが・・・
現状で我慢しています。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 乙戸沼のアオモンイトトンボ:

« 庭のツマグロヒョウモン | トップページ | 男鹿半島の入道崎 »