« 小鳥の巣箱造り | トップページ | 早咲きのスイセンも見たい »

2008年3月30日 (日)

日陰の庭にツバキ

日陰の多い私の庭で良く育ってくれるのはツバキです。

実生の苗や挿し木苗などで、6種で19本にも増えてしまった。

木が小さな頃は良かったが、1年でかなり伸びてしまうので

今は何とか減らそうとしているが、可哀想で中々進まない。

P1020750_4 P1130253

( 撮影日 :2007/3/24 :自宅 ) ( 撮影日 :2008/3/17 :自宅 )

( ツバキ :ツバキ科 :ツバキ属 :耐寒性常緑低木 )

葉が厚く、光沢のあることからこの名前が付いたと言われます。

園芸としては室町時代に始まり、江戸時代に盛んになりました。

しかし江戸時代の武士は、花ごとに纏まって落ちてしまい、

これが”斬首刑を連想させ縁起が悪い”と嫌ったようです。

P1010933 P1130259

( 撮影日 :2007/1/30 :自宅 ) ( 撮影日 :2008/3/17 :自宅 )

椿と言えば大島を思い出しますが、私が行ったのは遥か昔です。

大島では、種子から椿油を採るために育てられてきました。

自生するヤブツバキを増やし、椿林にしたのだそうです。

この様な場所は島の至る所にあり、1~3月が花盛りです。

P1130445_2 P1130534

( 撮影日 :2008/3/26 :自宅 ) ( 撮影日  :2008/3/27 :自宅 )

もちろん、ツバキも日陰よりは日当りが大好きです。

P1040953

( 撮影日  :2006/9/27 :ツバキの実 )

« 小鳥の巣箱造り | トップページ | 早咲きのスイセンも見たい »

コメント

おはようございます。きれいですね。私の家も椿の木がたくさんあります。手入れ不行き届きで雑然としています。何とかしませんと。

とんぼさんの所は広そうで大丈夫でしょう。
60坪弱の敷地では大変です。花が終ったら
2本位は整理しようと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日陰の庭にツバキ:

« 小鳥の巣箱造り | トップページ | 早咲きのスイセンも見たい »