« 般若院の江戸彼岸桜 | トップページ | 小鳥の巣箱造り »

2008年3月22日 (土)

香りが誘うジンチョウゲ

散歩をしていると、ジンチョウゲの香りが漂い始めましたね。

寒い頃から花を咲かせ、庭一面に芳香を漂わせてくれて

この匂いを嗅ぐと、春の到来を感じますね。

沈丁花は沈香のような良い匂いがある花として名付けられました。

P1020588

( ジンチョウゲ :ジンチョウゲ科 :ジンチョウゲ属 :耐寒性常緑低木 )

花色は、白と淡い紅色などで少し地味ですが香りは強烈です。

枝の先端に付いた蕾が春先に咲く常緑性の低木で、

大きくなっても1m位の高さにしかなりません。

自然に樹形が纏まるので生垣などにも適しています。

P1130235

雌雄異株で、雄木が多く花が咲いても殆ど実がなりません。

中には実のなる雌木もあるようで、是非見たいものです。

P1130246

( 撮影日  :2008/3/17  :自宅 )

また9月下旬頃に咲くキンモクセイや4月末頃のハゴロモジャスミン

なども芳香で脚を止めてしまいますね。

« 般若院の江戸彼岸桜 | トップページ | 小鳥の巣箱造り »

コメント

おはようございます。沈丁花はよく香りますので通りを歩いていても分かりますね。あっという間に春、花の季節です。今日は天気がよさそうです。

とんぼさん:おはようございます。
3月末となり、花の季節になりましたね。
此の辺も数日中に桜が咲くでしょう。
白鳥・カモなど冬鳥は帰ってしまいましたが
どうして、花を見ないで帰るのでしょう!

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香りが誘うジンチョウゲ:

« 般若院の江戸彼岸桜 | トップページ | 小鳥の巣箱造り »