« 歓喜寺-2007:江戸彼岸桜 | トップページ | 香りが誘うジンチョウゲ »

2008年3月18日 (火)

般若院の江戸彼岸桜

龍ヶ崎市般若院の江戸彼岸桜は、茨城県南部では最も有名で

県の天然記念物にも指定されています。

樹齢400年、樹高10m、幹回り5m、

枝張り東西約15m、南北約22mの

老木にも関わらず、見事な花を咲かせ春を告げてくれる。

P1020888

( エドヒガンザクラ  :バラ科 :サクラ属 :耐寒性落葉高木 )

エドヒガンザクラは、ソメイヨシノより数日早く見頃を迎えるようだ。

老木は本堂裏手の墓地との間の狭い所にあり、

支柱が多く、幹に大きな補修の跡もあり、たくましさを感じさせる。

一昨年、昨年と2度出掛けたが、人出の多いのには驚いた。

夜はライトアップされるようだが、今年はこれを楽しみたい。

P1020882

( 撮影日  :2007/3/28  :龍ヶ崎市般若院 )

足を運んだ事のない方は、今年はいかがですか?

人気のスポットで、例年駐車場を探すのに大変苦労します。

可能なら公共交通機関を利用すると便利かも知れません。

« 歓喜寺-2007:江戸彼岸桜 | トップページ | 香りが誘うジンチョウゲ »

コメント

今日は!こちらの桜も素晴らしそうですね。行きたい気もしますが車で行くのは大変そうですね。昨日今日と天気が良くありません。PCの前にいる時間が多くなりました。

とんぼさん、こんにちわ
今日の暖かさで桜も、もう直ぐでしょうね
龍ヶ崎は詳しくないのですが
駐車は、お寺の境内に僅か可能ですが
後はお寺の裏手の小さな公園の周り・・・
ウイークデェーが良いのでは?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 般若院の江戸彼岸桜:

« 歓喜寺-2007:江戸彼岸桜 | トップページ | 香りが誘うジンチョウゲ »