« ホオジロの聞きなし | トップページ | チドリ足かな?イカルチドリ »

2008年2月25日 (月)

フキノトウ=フキ

フキノトウは、フキの花ですが

別々の植物と思われる方もいる様ですね。

いち早く春を告げる山菜として天婦羅ネタや、おひたしや

味噌汁の具として・・・食卓を飾ることも多いです。

P1000407

( フキノトウ=フキ :フキ科 :フキ属 :耐寒性多年草 )

僅かな苦みが何とも言えず、私の好物ひとつです。

写真の様に未だ開かないうちが食べ頃の様です。

しかし、今年は寒く未だ硬い蕾のままで春を待っています。

日が経つと、どんどん伸びて、まさに”薹が立ち”ます。

P1020347

( 撮影日  :2007/2/25  :自宅 )

大型で有名な秋田フキの蕗の薹は背丈ほどの大きさになります。

また秋田の民謡では、蕗の葉を傘の代わりにするとも言いますが

葉の大きさは直径1m以上になりますので充分可能でしょう。

フキは地下茎で増える作物なので、あまり種を気にしませんが

蕗の薹は、やがてタンポポの様に綿毛を付けた種を付けます。

« ホオジロの聞きなし | トップページ | チドリ足かな?イカルチドリ »

コメント

おはようございます。これからいよいよ山菜の季節ですね。山菜のてんぷらは最高です。想像しただけで・・・・・です。

とんぼさん、こんにちわ
タラの芽やシドケ、ボンナなど皆苦味が有り
何とも言えない味ですね。
実家の秋田では5月の連休頃が盛りです。
今は未だ雪の中でしょう

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フキノトウ=フキ:

« ホオジロの聞きなし | トップページ | チドリ足かな?イカルチドリ »