« ピラカンサの実が熟す頃 | トップページ | 牛久沼のワカサギ釣り:2008 »

2007年11月30日 (金)

コゲラ:何でシジュウカラの群に?

日本にいるキツツキ類で、最も小さいのがコゲラだそうだ。

目が可愛く、頭は茶色、目の上と嘴の付け根に白い模様があり

体が白と黒のまだら模様で間違えることが少ない小鳥だ。

P1080160

( コゲラ :キツツキ目 :キツツキ科 体長:15cm 

図鑑では、しばしばカラ類やエナガなどのの混群にいることが多いと

紹介されているが、私の見た3回ともシジュウカラの群にいた。

何故なんだろう?・・・・・どんな利点が有るのかな?・・・・・。

P1080153

(撮影日  :2007/11/23  つくばみらい市 福岡堰付近)

留鳥として小貝川や鬼怒川付近の林や公園などでも見られる。

幹や枝を上下に動き周り、主に昆虫などを探している。

木の実も食べることも有るらしい。

P1070180t

(撮影日  :2007/10/24  常総市 弘経寺付近)

枯木や枯枝に孔を掘って巣をつくる様だが

一度、ドラミングの最中を見かけたが撮る間もなく逃られた。

来春の巣造りを待とう。

« ピラカンサの実が熟す頃 | トップページ | 牛久沼のワカサギ釣り:2008 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コゲラ:何でシジュウカラの群に?:

« ピラカンサの実が熟す頃 | トップページ | 牛久沼のワカサギ釣り:2008 »