« 葉も花も綺麗な・ツワブキ | トップページ | 待望のジョウビタキ »

2007年11月 7日 (水)

お陽様好きのリンドウ

古くから秋を代表する野草として親しまれているリンドウだが

栽培は難しく毎年咲かずに終らせたり、無くしたりしていた。

調べたら日当たりが大好きで半日陰では育たないようだ。

春に日当りに移植し、今年は無事に開花を迎えた。

Pict0061

(リンドウ  :リンドウ科 :リンドウ属 :多年草)

花びらは5枚に分かれ、お陽様が照りつけると開き、陰ると閉じる。

曇りの日は全く開かず、太陽が大好きな植物のようだ。

最近売られているのは交雑種で、暑さに強く、生育旺盛で

育て易い品種ようだが日当りと、風通しの良い場所を選ぼう。

P1070252

(シロバナリンドウ  :リンドウ科 :リンドウ属 :多年草)

リンドウは寒さには強く地植えでは簡単に越冬出来る。

地上部が完全に枯れたら枯れ枝を切り取り、植え替えや

株分けは3月頃が適している。

P1070117

リンドウの花に毎日のように蜜を吸いに来るのは

トラマルハナバチ?のようだ。

花の中に大きな体をスッポリ入れ蜜を吸い続けている。

« 葉も花も綺麗な・ツワブキ | トップページ | 待望のジョウビタキ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お陽様好きのリンドウ:

« 葉も花も綺麗な・ツワブキ | トップページ | 待望のジョウビタキ »