« 熱帯植物??”コエビソウ” | トップページ | 日陰にも強い・インパチェンス »

2007年10月 3日 (水)

長持ちマーガレットコスモス

6月~11月いっぱい庭に黄色の花を付けてくれるのが

マーガレットコスモスだ。

耐暑性が強く、夏の暑さにも弱ることがなく

丈夫で、次々と長い間沢山の花が咲き続ける。

P1030972

(マーガレットコスモス  :キク科 :ステイロディスカス属 :常緑低木))

半耐寒性ですが、茨城の露地でも越冬できる。

常緑低木で年々大きくなるので

我家では花が少なくなる12月頃根元20cm位に切詰める。

萌芽力も強く、どんどん新芽を出し成長する。

P1060836

非常に良く似た花にユリオプスデージーが有り

花の時期は違い、11月~翌年の5月頃まで咲き

花の少ない冬に咲く、貴重な品種と思う。

こちらも半耐寒性常緑低木で、花の少なくなる6月頃に切詰める。

P1010170

(ユリオプスデージー  :キク科 :ユリオプス属 :常緑低木)

この2種が有れば年中庭に花が咲くことになり

黄色の花の好きな人には、大変便利な花ですね。

« 熱帯植物??”コエビソウ” | トップページ | 日陰にも強い・インパチェンス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長持ちマーガレットコスモス:

« 熱帯植物??”コエビソウ” | トップページ | 日陰にも強い・インパチェンス »