« 庭のエンジェルトランペット | トップページ | 長持ちマーガレットコスモス »

2007年9月30日 (日)

熱帯植物??”コエビソウ”

我家の鉢植えのコエビソウも今が盛りの様です。

昨年購入したのですが越冬し、3倍位大きな株になりました。

また、種が落ちたのか近くから芽が出て育っています。

赤から黄?の花の様に見える”うろこ”の様な部分は、苞で

これが小海老に見立てられて名付けられたそうです。

実際の花は写真の様に苞の間から出ている

小さな唇形をした紫色の部分のようです。

P1030930

(コエビソウ  :キツネノマゴ科:ペロペロネ属 :常緑低木 :2007/9/30撮影)

小海老”草”と呼ばれますが、分類では、半耐寒性常緑低木です。

日当りの良い戸外で育てていると、長期間次々と花が咲き

切り花としても利用出来ました。

鉢植えの観葉植物や花壇にも適すようです。

挿し木でも簡単に繁殖出来ました。

P1060810

熱帯性植物の様ですが凍らなければ越冬出来そうですが

つくばの実験植物園では、温室の中で栽培されていました。

P1050096

話が変わりますが、牛久沼での手長エビ釣を楽しみにしていましたが

何度か釣り場に足を運びましたが、ついにやらずに

シーズンが終わりそうです。

« 庭のエンジェルトランペット | トップページ | 長持ちマーガレットコスモス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱帯植物??”コエビソウ”:

« 庭のエンジェルトランペット | トップページ | 長持ちマーガレットコスモス »