« 華麗な純白の花のセンニンソウ | トップページ | ヤモリが出没:有益ですか! »

2007年9月11日 (火)

霞ヶ浦の帆引き船

9/9(日)は、百里基地の航空祭の日であり

何か撮影できないかと霞ヶ浦大橋の玉造に出かけてみたが

風向きが悪く、上空への旋回は有りませんでした。

そんな中、霞ヶ浦の帆引き船が2艘現れ

久し振りに見る勇姿に感動しました。

場所は、道の駅”たまつくり”付近。

P1060501

(撮影日 :2007/9/9 行方市玉造付近)

小さな船とその何倍もある帆の姿が美しい。

帆の力で網を引くロープが何本も見える。

30分位待つと帆引き船と筑波山が重なり

霞ヶ浦を象徴できる配置になった。

ワカサギ漁をしているのかと思ったのですが

調べてみると、実は観光用でした。

P1060511

玉造からは、土、日、祝日の13:00と15:00の2回、出航。

帆引き船と一緒に観光船も出ており、料金は2,000円。

霞ヶ浦では、土浦・玉造・麻生・かすみがうら市など

4ヶ所から同様の観光船が出ています。

帆引き漁は、明治13年(1880)に考案され

シラウオ漁・ワカサギ漁が続けられている漁法です。

« 華麗な純白の花のセンニンソウ | トップページ | ヤモリが出没:有益ですか! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞ヶ浦の帆引き船:

« 華麗な純白の花のセンニンソウ | トップページ | ヤモリが出没:有益ですか! »