« 牛久のカルガモ | トップページ | またまたカワセミに逢う »

2007年7月17日 (火)

古代蓮の里

行田市のさきたま古墳群を訪ねた後、古代蓮の里に寄る。

世界の蓮が多数集められ、41種、約10万株あるとのこと。

PM3:00頃到着、殆どの花が閉じた様子

P1040597

パンフレットを見ると、蓮は早朝より咲きはじめ

昼頃には閉じるそうで、経路選定を失敗した様ですね。

P1040601

( 行田ハス :ハス科 :ハス属 )

花が終わった後には花床が出来ている。

P1040606

P1040595

( 撮影日 :2007/7/16 )

花床にはやがて種が出来る。

蜂の巣にも似ている事から

ハスの名前は、蜂の巣から呼ばれることになった

との記述も見られます。

霞ヶ浦周辺はハスの栽培が盛んで

根はレンコンとして正月料理に利用される。

こちらの種類は、同じものなのでしょうか?

現代蓮???

« 牛久のカルガモ | トップページ | またまたカワセミに逢う »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代蓮の里:

« 牛久のカルガモ | トップページ | またまたカワセミに逢う »